土地家屋調査士の業務支援に特化した、自分で更新できる、低価格なホームページ作成サービス【繁盛ブログ】

土地家屋調査士の業務支援ホームページ【繁盛ブログ】 土地家屋調査士の業務支援ホームページ【繁盛ブログ】集客、差別化もサポート ホームページ作成サービス 会社案内
トップページ > 【繁盛オプション】 > インターネット広告による集客も併用
土地家屋調査士の業務支援に特化した低価格ホームページ作成サービス【繁盛ブログ】集客、差別化もサポート
【繁盛オプション】ホームページを有効に活用するための「集客」と「差別化」をサポートします。

【繁盛オプション】の特長


特長2 インターネット広告による集客も併用

インターネット広告は、費用対効果の面で見合わない事も多く、個人事務所としては必ずしも有効な手段とは言えません。

しかし、数十の事務所が共同で出すのであれば状況は変わります。そこで、『あな街』では、登録している方々を代表してインターネット広告を出しています。

お客様の中には業務の依頼先として、直接土地家屋調査士を探す人も存在します。 このような人は、「土地家屋調査士」で検索する可能性が高いのです。

『あな街』では、Yahoo!等の検索サイトで、土地家屋調査士やその業務に関連するキーワードで検索されたとき、スポンサー欄に広告を出しています

広告掲載の例

※広告の表示位置は、常に変動しています。

スポンサー欄は、通常の検索結果よりも目立つ位置にありますので、お客様の目にとまる確率が高くなります。

土地家屋調査士を探しているお客様がこの広告をクリックすると、『あな街』のホームページが表示されます。

『あな街』のホームページには日本地図が掲載されており、地図をクリックすると、クリックした地域の相談員が一覧表示され、その内の一つをクリックすると、相談員のホームページが表示されます。

検索サイト広告からの誘導

『あな街』が、相談員として登録した方々を代表してインターネット広告を出しますので、個人で出す必要はありません

【インターネット広告(検索キーワード広告)の費用対効果】

最も一般的な検索キーワード広告を例に費用対効果を計算して見ます。

検索キーワード広告は、1クリック毎に課金されます。金額はキーワードによって違いますが、1クリック当たり40円〜1000円程度の費用が発生します。
1クリック50円としても、1,000人の訪問者を獲得するのに50,000円の費用が発生する計算になります。

もし、1クリック50円の広告を出して、1,000クリックで1件の業務依頼があったとしたら、

広告費は 50,000円(1,000クリック×50円)になります。

この広告費で利益が得られるでしょうか?
依頼された業務が、

 →土地に関する業務だと利益が出る可能性がありますが、
 →建物に関する業務だと 赤字 になる可能性が高いです。

この例では、1クリック50円と仮定していますが、競争が激しいキーワードではもっと単価を上げなければ広告の中で上位に表示されず集客効果が出ません。

さらに、1,000クリックに1件の業務依頼というのは、かなり良くできたホームページでも難しい数字です。実際には、もっと多額の広告費になる可能性があります。

このように、さらに広告費が嵩む可能性もありますので、個人事務所としてインターネット広告を出すのは必ずしも有効な手段とは言えないのが現状です。

▼INDEX

▼INFORMATION

トップページHP作成サービス繁盛オプションHP活用のポイントよくあるご質問お問い合せお申し込み
トップページ > 【繁盛オプション】 > インターネット広告による集客も併用
土地家屋調査士の業務支援に特化した低価格ホームページ作成サービス【繁盛ブログ】集客、差別化もサポート

土地家屋調査士の業務支援ホームページ【繁盛ブログ】


Copyright © 2003-2017 アイプラン Ai-Plan All rights reserved. 無断転載はご遠慮願います。会社案内